978-4-7806-0231-9 <分 類> 数学―微分積分学 
line
理工系
微分積分学 第3版

line
著 者: 荒井正治 著
定 価:2160円/本体2000円
判 型:A5
ページ:296
ISBN:978-4-7806-0231-9

書店様へご注文をされる方はこちら >> 注文数
注文かごの中を見る
直接小社へご注文いただく方はこちら >> 注文数
注文かごの中を見る
教科書選定見本ご希望の先生はこちら >> 請求数
見本請求かごを見る

【目 次】
第1章 極限・連続関数(数列の極限/関数の極限値/連続関数)
第2章 1変数関数の微分法(微分係数・導関数/導関数の計算/平均値の定理/不定形の極限/テイラーの定理/近似値,極限再論)
第3章 多変数関数の微分法(多変数関数/偏導関数/合成関数の偏微分/テイラーの定理/陰関数定理)
第4章 1変数関数の積分法(原始関数・不定積分/定積分/広義積分/微分積分と数理モデル/定積分の応用・面積と長さ)
第5章 多変数関数の積分法(2重積分/累次積分/3重積分/変数変換/広義積分/重積分の応用/ストークスの定理など)
第6章 級数(級数/関数列・関数項級数/巾級数)
付録(ギリシャ文字/二項定理/三角関数/指数関数/直線・平面)

   サポートページ
↑このページのTOP
|HOME|分類で探す|書名・著者・ISBNコードで探す|新刊・近刊で探す|
 
(株)学術図書出版社
〒113-0033 東京都文京区本郷5-4-6
Tel:03-3811-0889(代) Fax:03-3811-2464